【大阪】広島・黒田の母校・上宮 送りバントで自ら“生還”

[ 2016年7月18日 05:30 ]

<上宮・近大付>8回無死一塁、上宮・巻の送りバントを三塁手が捕球するが、二塁へ暴投し、三島が進塁。更に中堅手がエラーし、その間に三島(右)と巻(左)が生還し逆転

第98回全国高校野球選手権大阪大会2回戦 上宮10―5近大付

(7月17日 南港中央)
 日米通算200勝にあと1勝と迫る広島・黒田の母校・上宮が近大付を10ー5で破った。ともにセンバツで優勝経験がある両校は同点の8回に明暗が分かれた。

 無死一塁から投手の巻が三塁線へ送りバント。これを三塁手が二塁へ悪送球し、さらに中堅手も後逸。巻自身も一気に生還した。投げては6回5失点と精彩を欠いた2年生左腕は「このまま勢いに乗っていきたい」と27年ぶりの夏切符へフル回転を誓った。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2016年7月18日のニュース