ロッテ 今季初6連敗、わずか5安打1点に指揮官「時間かかりそう」

[ 2016年7月18日 18:35 ]

パ・リーグ ロッテ1―6西武

(7月18日 西武プリンスD)
 ロッテは今季初の6連敗。初回1死二、三塁からデスパイネの二ゴロで三走・荻野が生還し24イニングぶりの得点を奪ったが、2回以降は無得点に抑えられた。

 不振が続く打線が5安打に抑えられ、伊東監督は「しばらく時間はかかりそうだな」と話した。40歳の福浦を「5番・一塁」で今季初のスタメン起用。5月19日以来の先発出場となる根元を2番に起き、プロで初めての左翼を守らせたが、勝利に結びつかなかった。福浦は「(岸は)良かった。しようがない」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年7月18日のニュース