マエケン 5回持たず今季ワースト5失点で7敗目

[ 2016年7月18日 08:42 ]

初回に3点を失い、汗をぬぐうドジャースの前田(AP)

ナ・リーグ ドジャース5―6Dバックス

(7月17日 フェニックス)
 ドジャースの前田健太投手(28)は17日、敵地でのダイヤモンドバックス戦に先発し、4回1/3、84球を投げ7安打5失点、5奪三振で7敗目(8勝)を喫した。

 後半戦最初の試合で今季9勝目を狙ったが、今季自己ワーストの5失点での降板となってしまった。防御率は3・25。

 前田は初回、1死から4連打を浴び3点を失う立ち上がり。3回にも2死からラムにソロ本塁打を打たれた。4回は3者三振としたが、5回には投手のレイに右中間へ二塁打を打たれるなど二塁打2本で1失点。ゴールドシュミットにこの日初の四球を与えたところで交代が告げられた。

 チームは5―6で敗れた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年7月18日のニュース