日本ハム 後半戦初戦快勝で今季最多貯金19 ソフトBと5差に

[ 2016年7月18日 20:57 ]

<日・楽>初回、無死一、三塁から適時二塁打を放った陽

パ・リーグ 日本ハム3―1楽天

(7月18日 札幌D)
 日本ハムは楽天との後半戦初戦を制し、貯金を今季最多の19に伸ばして首位ソフトバンクとのゲーム差を5に縮めた。

 初回無死一、三塁から陽の適時二塁打と1死一、三塁から大谷の適時打でこの回で2点を先制。2回には1死三塁から田中賢の適時内野安打で追加点を得た。投げては先発・メンドーサが7回を3安打無失点の完璧な投球。2番手・宮西の連続無失点記録は球団記録の29試合でストップするも、守護神・マーティンが2点差を守り切った。

 楽天は、先発・則本が6回を8安打3失点と粘ったが無念の降板。打線は8回に2死二塁から藤田の適時打で1点を返し意地を見せるも、及ばなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2016年7月18日のニュース