JR西日本 元中日の藤沢、4安打で快勝導く「少しは貢献できた」

[ 2016年7月18日 19:46 ]

<新日鉄住金かずさマジック・JR西日本>3回1死一塁 中前安打を放ち塁上で笑顔を見せるJR西日本・藤沢(左)

第87回都市対抗野球大会1回戦 JR西日本6―1新日鉄住金かずさマジック

(7月18日 東京D)
 元ドラゴンズ戦士が4安打の活躍だ。JR西日本(広島市)の藤沢拓斗内野手(26)は昨年まで2年間、中日でプレー。新日鉄住金かずさマジック(君津市)戦に「3番・三塁」で出場すると、4安打の固め打ちを披露した。2度目の出場でチームは都市対抗初勝利。「少しは貢献できたかな」と笑顔を見せた。

 「1本出るまでは不安だった。変なプレーはできない。プロから来て“こんなものか”と思われたくなかった」。3回1死一塁で中前打を放つと、そこから4本の安打を連ねた。西濃運輸時代の11年に都市対抗に出場。13年ドラフト6位で中日に入団したが、翌14年に古巣は都市対抗で全国制覇。自身がチームを離れた直後の優勝に「うれしかったけど…。複雑だった。両方の気持ちが入り交じっていた」という。

 昨年限りで中日を戦力外に。11月には合同トライアウトも受け、西濃運輸時代の恩師であるJR西日本・後藤寿彦総監督の薦めもあって新天地で再スタートを切ることを決めた。「プロでやったことには自信を持っている。練習は嘘をつかない、ということを教わった」。中日時代には小笠原2軍監督から「手を抜かずにやれ」ともアドバイスされた。藤沢は「練習、練習の姿勢で若手の手本になりたい」と話す。

 中日では1軍出場はなし。「プロでも東京ドームでプレーしたかったけど…。でも、やっぱり雰囲気がいい。久しぶりで楽しかった」。次戦は強豪・トヨタ自動車(豊田市)が相手。「絶対に日本一。そこを目指して、そのピースの一つになりたい」と誓った。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2016年7月18日のニュース