上原 わずか7球で4戦連続S「一発くらいいいかなと」

[ 2016年7月18日 05:30 ]

ア・リーグ レッドソックス5―2ヤンキース

(7月16日 ニューヨーク)
 レッドソックスの上原がわずか7球で1回を完全投球。4戦連続セーブを挙げた。

 3点リードの9回に「一発くらいいいかなという気持ちで」とストライクを先行させ、ロドリゲス、マキャン、テシェイラと、前夜と同じ顔触れを遊飛、空振り三振、一ゴロに封じた。相手打線の早打ちを見て取り「利用できた」と納得顔。7球のうち実に直球が6球で、捕手のレオンは「スプリットも素晴らしいが待たれている部分もある。直球を高低に投げ分けてくれた」と称えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年7月18日のニュース