西武 秋山2打席連続弾で連敗ストップ、岸は完投で今季4勝目

[ 2016年7月18日 16:54 ]

パ・リーグ 西武6―1ロッテ

(7月18日 西武プリンスD)
 西武が序盤と終盤に得点を入れロッテに快勝、連敗を2で止めた。

 初回に先制されるも、2回に金子侑の左適時打で1―1の同点に追いついた。6回に秋山の右越え5号ソロで勝ち越し、7回には秋山が2打席連続となる6号3ランをバックスクリーン横に放った。8回にも炭谷の適時打で1点追加し、試合を決めた。先発の岸は5安打1失点の好投で完投勝利。今季4勝目を挙げた。

 ロッテは先制するも、岸を攻略できず今季初の6連敗。先発のスタンリッジは、1回を三者凡退に仕留めたが、2回の投球練習時に右の腰に違和感を訴え緊急降板した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年7月18日のニュース