JR北海道 戸田、4安打1失点で完投「落ち着いて投球できた」

[ 2016年7月18日 14:25 ]

<新日鉄住金鹿島・JR北海道>被安打4、1失点完投勝利のJR北海道・戸田

第87回都市対抗野球大会1回戦 JR北海道2―1新日鉄住金鹿島

(7月18日 東京D)
 JR北海道は先発・戸田が9回4安打1失点で完投勝利。今年で社会人10年目となるベテランは「自分が粘っていたら、いつか点を取ってくれると思っていた。最初は球が高かったけど、その後は落ち着いて投球できた」と充実の表情で汗をぬぐった。7回1死二塁で同点の二塁打を許したが、失点はその1点のみ。140キロ前後の直球にカーブ、スライダーを効果的に配した。普段はJR千歳駅に勤務し、改札業務を行う28歳は、3年ぶり2度目の都市対抗での完投勝利となった。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2016年7月18日のニュース