【西東京】早実エース吉村 今大会初先発で快投「自分らしくできた」

[ 2016年7月18日 15:49 ]

第98回全国高校野球選手権・西東京大会5回戦 早実4―0国士舘

(7月18日 ダイワ八王子)
 早実はエース右腕・吉村が今大会初先発で7回3安打無失点と快投し、チームを8強へ導いた。3―0の7回は1死二塁とされたが、フォークと直球で2者連続三振で切り抜け「狙って三振が取れた。自分らしくできた」と胸を張った。

 冬場で12キロの増量に成功し、球威の増したボールで国士舘打線を打たせて取った。3年生投手ではただ一人のベンチ入り。2、4回戦は救援登板し、ここまで計11イニング連続無失点と抜群の安定感を誇る。和泉実監督は「背番号1番、柱になりそうな感じが出てきた」と称えた。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2016年7月18日のニュース