【福島】“進学校対決”は磐城に軍配、エース左腕戸田が課題克服

[ 2016年7月18日 15:52 ]

<磐城・安積>マウンド上で雄叫びを上げる磐城・戸田

第98回全国高校野球選手権・福島大会4回戦 磐城10―0安積

(7月18日 開成山)
 県下有数の進学校同士の対決は、10―0の6回コールドで第4シードの磐城に軍配が上がった。

 春は立ち上がりが課題だったエース左腕・戸田開斗(3年)が立ち上がり3回までをパーフェクトで抑えると、1番・田部圭太朗(2年)の4安打2打点の活躍などで打線も爆発。戸田は「守備を大事に取り組んできて、リズムが良かったので攻撃にもつながった」と成果を強調した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年7月18日のニュース