JR東日本エース田嶋 167球熱投も「やり切った」

[ 2016年7月18日 05:30 ]

<王子・JR東日本>167球の熱投をみせたJR東日本先発の田嶋

第87回都市対抗野球第3日1回戦 JR東日本0―2王子

(7月17日 東京ドーム)
  JR東日本はエース左腕の田嶋が、延長10回1死二塁でサヨナラアーチを被弾。167球の熱投だったが、「やり切った。負けたのは悔しいけど、楽しかった」。

 2度の満塁のピンチを切り抜け、9回2死二、三塁では元中日の中田を二ゴロ。0―0で延長戦に持ち込んだが、味方の援護がなかった。佐野日大3年春のセンバツではベスト4に進出。4試合560球を投げ抜いた。成長著しい19歳は「さらに体力と制球力を上げたい」と前を向いた。

 ▼JR東日本・堀井哲也監督 1点を巡る攻防だと思っていたが、田嶋は粘り強く投げてくれた。やっぱりエースだし、続投を選択した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年7月18日のニュース