【静岡】静岡商・河合 6回1失点 元巨人OB新浦氏から助言

[ 2016年7月18日 05:30 ]

<浜松南・静岡商>テークバックの小さいフォームで好投する静岡商・河合

第98回全国高校野球選手権静岡大会1回戦 静岡商6―2浜松南

(7月17日 草薙)
 静岡商が逆転で浜松南を破り、10年ぶりの甲子園出場へ向け上々のスタートを切った。

 先発したエース右腕・河合は立ち上がりに制球を乱したが、6回3安打1失点でまとめ「今日はブルペンから調子は良かった。初回のことは気にしなかった」と7三振を奪った。巨人などで活躍し、通算116勝を挙げたOBの新浦寿夫氏が昨秋コーチに就任。同コーチから「足を上げた時に力を抜いて右腕を下ろせ」と助言を受け、結果につなげた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年7月18日のニュース