【神奈川】“ダブル林”の一角、横浜隼人・林明 1失点完投

[ 2016年7月18日 05:30 ]

第98回全国高校野球選手権神奈川大会2回戦 横浜隼人6―1三浦学苑

(7月17日 相模原)
 「ダブル林」の一角、背番号11の左腕、横浜隼人・林明が1失点完投。三浦学苑を下し、7年ぶりの夏の甲子園へ初戦を突破した。

 7安打されたものの、要所を締めて最少失点に抑え「落ち着いて投げられた」と胸を張った。普段から仲が良いという1メートル95のエース右腕・林俊とともに投手陣をけん引する。「2人でしっかり先陣を切っていきたい」と意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年7月18日のニュース