【東東京】都小山台・高田健 “リベンジ投”で16強入り

[ 2016年7月18日 05:30 ]

第98回全国高校野球選手権東東京大会4回戦 都小山台11―1日本工大駒場

(7月17日 大田)
 右のサイドスロー、都小山台・高田健が「リベンジ投」で16強入りに導いた。

 15日の立教池袋との3回戦で初回に10失点。1イニングも持たずに降板したが、打線の爆発で大逆転勝ちを収めた。「助けてもらったので恩返ししようと思った」と日本工大駒場を5回1失点に抑え、エースの意地を見せた。打線も13安打11得点で5回コールド勝ち。福嶋正信監督は「1回死んだ身だから。伸び伸びできた」と振り返った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年7月18日のニュース