【西東京】日大三・宮木主将 スーパーキャッチで救った

[ 2016年7月18日 05:30 ]

第98回全国高校野球選手権西東京大会4回戦 日大三11―4中大杉並

(7月17日 府中市民)
 「1番・中堅」の日大三・宮木主将が「ザ・キャッチ」でチームを救った。

 1―1の2回に中大杉並・相田の大飛球を背走し、倒れ込みながらスーパーキャッチ。昨夏の甲子園で関東第一・オコエ(現楽天)が見せた美守をほうふつさせ「打球の伸びと感覚でいけると思った」。7回にも右中間への打球をダイビングキャッチ。打っても2安打1打点で勝利に貢献した。14日の3回戦では6―9の9回に逆転サヨナラ勝ち。宮木は「強くなっていかないと」と気を引き締めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年7月18日のニュース