【宮城】小牛田農林 引き分け再試合制した 加藤24回311球

[ 2016年7月18日 05:30 ]

<名取・小牛田農林>引き分け再試合で力投する小牛田農林・加藤

第98回全国高校野球選手権宮城大会2回戦 小牛田農林6―2名取

(7月17日 鹿島台中央)
 小牛田農林は名取との引き分け再試合を6―2で下し、2日がかりで24イニングの激闘を制した。

 前日に延長15回195球を投げたエース右腕・加藤が、この日も116球を投げ、2失点完投。2日間で計311球を投げ抜いた鉄腕は「勝ちたいという気持ちが強くて、最後まで全力で投げた」と胸を張った。きょう18日の3回戦では、
 第4シードの柴田と対戦。自身初の3連投の可能性があるが「自分のできる最高の投球をしたい」と力強かった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年7月18日のニュース