【南北海道】北海 8回コールド 川村、公式戦初アーチ「勝つための打撃を」

[ 2016年7月18日 12:35 ]

第98回全国高校野球選手権南北海道大会1回戦 北海11―2苫小牧中央

(札幌円山)
 前年代表で、夏の甲子園全国最多を更新する37度目の代表を目指す北海が8回コールドで大勝して、南北海道大会8強入りを決めた。初回に、川村友斗(2年)の中越え3ランを含む5長短打を集め、打者10人で5点を奪取。14安打11得点と打線が機能した。公式戦初本塁打の川村は「思ったより打球が伸びてくれた。次もチームが勝つための打撃をしたい」と意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年7月18日のニュース