大谷 後半戦初打席でいきなり適時打!球宴MVPの勢いそのまま

[ 2016年7月18日 18:26 ]

<日・楽>初回1死一、三塁、安打を放った大谷
Photo By スポニチ

パ・リーグ 日本ハム―楽天

(7月18日 札幌D)
 日本ハムの大谷翔平投手(22)は18日、札幌ドームで行われた楽天戦「5番・DH」に先発出場し、後半戦初打席で適時打を放った。

 1―0の初回、1死一、三塁のチャンスで第1打席を迎え、相手先発・則本から右前適時打を放ち打点を挙げた。大谷の打点は28となった。

 15日のマツダオールスター2016第1戦ではホームランダービーで優勝、16日の第2戦では球宴初本塁打を含む3安打でMVPを獲得したが、この日も好調ぶりを見せつけた。

 ▼大谷(初回、右前適時打)打ったのはフォークだと思います。真っすぐを待っていたんですけどね。いいところに抜けてくれました。ランナーが一、三塁だったので、二、三塁だったら捕られていたでしょうね。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年7月18日のニュース