×

【もしイケ生徒ファイル1】細田佳央太 イケメンだらけの中で光輝いていく普通の高校生の軌跡

[ 2022年1月26日 08:00 ]

テレビ朝日「もしも、イケメンだけの高校があったら」で主演を務める細田佳央太
Photo By 提供写真

 テレビ朝日「もしも、イケメンだけの高校があったら」(土曜後11・00)はタイトル通り“イケメンだらけ”の学園ドラマで、15日の初回放送から話題を呼んでいる。

 俳優細田佳央太(20)のドラマ初主演作で、個性豊かなイケメン同級生らとともに「全国選抜高等学校イケメン大会」制覇を目指して奮闘する青春コメディー。細田は伝統的にイケメンが多く集う美南学園に入学してしまった普通の高校生、池田龍馬役。

 高崎壮太プロデューサー(30)は「主人公は格好悪く見えるのに、徐々に魅力やパーソナリティーが発揮されていき、見ている側が引かれていくという難しい役どころ。イケメンたちの中に入っても、より一層魅力的に見える人物という難しい役をできるのは細田さんしかいない」と起用理由について明かした。

 ドラマは秋元康氏(63)の企画・原作。高崎プロデューサーは「今の時代におけるイケメンや格好いいとは何かを種明かしできるドラマになれば」と語った。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2022年1月26日のニュース