×

萩谷麻衣子弁護士 抗原検査キット不足に「他の先進国にはるか遠く及ばないという状態は国家の準備不足」

[ 2022年1月26日 16:04 ]

東京・六本木のテレビ朝日社屋
Photo By スポニチ

 弁護士の萩谷麻衣子さんが26日、コメンテーターを務めるテレビ朝日「大下容子ワイド!スクランブル」(月~金曜前10・25)に出演。新型コロナウイルス感染の有無を調べる抗原検査キットの不足について言及した。

 25日の衆院予算委員会で、共産党の宮本徹氏は、抗原検査キットが医療現場で足りていないと指摘。岸田文雄首相は、1日80万回分まで増産するよう製造各社に要請したとして「要望に応えていこうという体制を取っている」と答弁し、対応を急ぐ考えを示した。

 萩谷氏は「人口1000人当たりの検査数がマレーシアやインドやコロンビアなど途上国よりも少なくて他の先進国にはるか遠く及ばないという状態は国家の準備不足だと思う」と指摘。そして、検査の拡充を整えなければいけない機関側が検査の拡充にあまり積極的な意識を持ってきていないのでは、と疑問を投げかけ、「もうコロナ禍になって2年もたっているのですから本来であれば今、検査キットなどを十分にそろえていて、薬局ではなくてオンラインで誰もが購入できるような態勢を整えておくべきだったと思います。国家安全保障にかかわるものだといいながら国のやっていることは遅いなと感じます」と自身の受け止めを述べた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2022年1月26日のニュース