×

林マヤ 田舎暮らし満喫 激安賃貸物件&レンタル畑で自給自足「生活費はだいたい東京の3分の1ぐらい」

[ 2022年1月26日 14:09 ]

林マヤ
Photo By スポニチ

 元パリコレモデルでタレントの林マヤ(63)が25日放送のフジテレビ系「所JAPAN」(火曜後9・00)にVTR出演。田舎での激安ライフを紹介した。

 この日は北関東で住み心地の良い町・3年連続1位を獲得した茨城県守谷市を特集。12年前から夫とともに、守谷に移住した林の生活を紹介した。

 東京から電車で30分という好立地ながら土地代も安く、戸建てに住む人が多いと紹介される中、林は賃貸物件で生活。「建物だけで120平米ぐらいある」4LDKで駐車場も2台分完備で、家庭菜園もできるほどの庭付きでありながら家賃は9万円と激安。スタジオでは「うそー!」「駐車場込みで?」「安い!」と驚きの声が聞かれる中、林は「これだけ広くて9万円だったら、わざわざおうち買わなくてもいいかな?って」と賃貸生活を続ける理由を明かした。

 生活費も「生活費はだいたい東京の3分の1ぐらいで済んじゃってるかな」と林。食費は夫婦2人1カ月でわずか2万円程度だという。食費が安く済むのは2400平米もある畑でおよそ100種類ぐらいの野菜を育て、肉類以外はほぼ自給自足の生活を送っているそうで、広大な畑もレンタルで賃料は年間2万円と激安。「野菜の自給自足率は95%ぐらい。スゴイのよ、自給自足で。ダーリンと2人でやってるの」と笑顔を見せた。手作り野菜で夫がオリジナル料理を振る舞ってくれるといい、これこそが林が守谷で激安ライフを楽しめる理由だという。

 普段は自宅で洋服のデザインをしているが、週に1日は片道30分かけて東京へ。これまでと変わらず番組への出演も続けている林。「守谷は都会の暮らしも続けていける。都会の暮らしも田舎の暮らしも両方いいとこ取りの場所はどこだって言ったら守谷に行きついた」と明かした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2022年1月26日のニュース