×

おぎやはぎ小木 芸能界コロナ感染拡大…もし自身が休んだ場合「代役を受けてほしくない」と思うワケ

[ 2022年1月26日 15:41 ]

「おぎやはぎ」の小木博明
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「おぎやはぎ」の小木博明(50)が26日、フジテレビ系「バイキングMORE」(月~金曜前11・55)に生出演。芸能界で新型コロナウイルス感染や濃厚接触者の報告が続出していることについて、コメントした。

 番組内では、新変異株「オミクロン株」が猛威を振るう影響で、芸能界に新型コロナウイルス感染者や濃厚接触者が多数出ていることについて特集。25日には女優の吉岡里帆、深田恭子、お笑いコンビ「千原兄弟」の千原ジュニア、フリーアナウンサーの古舘伊知郎、みちょぱことモデルの池田美優など感染発表が相次いだ。

 小木は、「芸能界の人の方がPCR検査受ける人が多いと思うし、(撮影中は)マスクをしないってところから、しようがないじゃないですか」とコメント。続けて、「僕はコロナで休んだことはないですけど、コロナで休んだ場合に代役が来た場合に本人的には代役を受けてほしくないんですよね」と私見を述べると、MCを務める坂上忍も「それ分かると思うよ」と発言した。

 小木は理由について、「厳しいんですよ、コロナで休む時にもね、いい代役を連れてくるんですよ。自分よりちょっといい奴を。事務所的にはちょっと上(の人)を持って行かなきゃ申し訳ないってこともあるから」と説明。これを聞いた坂上は「代役をやってくださった方には感謝しかないわけなんだけども…ただ競争社会ってなると、『いい仕事されたな』ってなると、ちょっと思うとこはあるでしょう」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2022年1月26日のニュース