×

石田純一 「厳しかった」長渕剛とのドラマ共演 「現場はピリピリ…逸話はあり過ぎて」

[ 2022年1月20日 18:23 ]

俳優の石田純一
Photo By スポニチ

 俳優の石田純一(68)が20日、木曜隔週コメンテーターを務める文化放送「斉藤一美 ニュースワイドSAKIDORI!」(月~金曜後3・30)に出演。かつてドラマで共演した長渕剛(65)について語る場面があった。

 番組では、長渕のヒット曲「しゃぼん玉」を流しつつ、1991年秋に放送された長渕原案のドラマ「しゃぼん玉」(フジテレビ系)の話題に。同ドラマに石田は敏腕証券ディーラーの朝倉秀之役で出演し、長渕が演じる医師の矢島鉄平、通称“ポー”とは対立しながらも徐々に友情が芽生える、という間柄だった。

 当時を振り返り、「懐かしい、懐かし~い。楽しかったですね~」と声を弾ませた石田。「長渕さんのドラマは緊張感が半端ないっ!もう現場はピリピリで…もう逸話はあり過ぎてちょっと言えないですね。もう本当にすごかった」と明かしつつ、「ただ、同時代を生きた人間として、長渕さんと共演できたことは本当に光栄ですね」。

 続けて、キャスターの斉藤一美アナウンサーに「厳しかったですか?」と問われると、石田は「厳しかったです!」と断言していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2022年1月20日のニュース