×

【スポニチグランプリ新人賞】「茜色に焼かれる」和田庵 伸び盛り16歳はもっと「大きくなります」

[ 2022年1月20日 05:30 ]

2021年(第76回)毎日映画コンクール各賞決定 ( 2022年1月19日 )

<毎日映画コンクール>スポニチグランプリ新人賞を受賞した和田庵(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 2021年(第76回)毎日映画コンクールの各賞が19日、決定した。輝きを放った新星に贈られるスポニチグランプリ新人賞には石井裕也監督(38)の「茜色に焼かれる」に出演した和田庵(16)と片山友希(25)が選ばれた。同一作品からの選出は09年、「愛のむきだし」の西島隆弘と満島ひかり以来12年ぶり。2人はそれぞれの言葉で飛躍を誓った。

 一生に一度の栄誉をどうかみしめたらいいのやら…。「本当びっくり。光栄です」と戸惑いながら恐縮する和田が実に初々しい。

 コロナ禍の中、理不尽な社会に翻弄(ほんろう)されながらもひたむきに生きる母と子を描いた作品で、中3の息子を自然体で演じきった。

 「(役の)純平と本当の僕はかけ離れていて、純平は読書や勉強好きで、どちらかといえばインドア派。僕は公園で遊んでるのが好きで、勉強も苦手で」

 そんなギャップを感じさせない存在感。悩ましき思春期も真に迫り、母をもてあそんだ男に跳び蹴りを食らわすヤマ場では完全に同化して魅了した。

 中学進学と同時に語学力と人間力を磨くため3年間の予定で計画したカナダ留学。コロナの影響で1年半に短縮せざるを得なかったが、「途中からスケボーが中心になった気がします」と苦笑いしながらも、たくましくなって戻ってきた。

 20年夏に帰国して最初の仕事がこの作品。「オーディションに受かるとは思ってなくて、台本を頂いた時には正直すっごい荷が重いなと」と打ち明けたが、石井監督が一目ぼれ。「ここは違うなというところだけ指摘していただきました。監督に“30歳くらいの女の人をどう思う?”と聞かれ“僕は全然好きです”と答えたのが選ばれた理由かも」とニヤリ。

 母・良子を尾野真千子が演じると知った時には「大女優さんじゃないですか。怖い人で、カナダから帰ってきたばかりで“なめるな”とか言われたらどうしようと思って覚悟して現場に臨みました。いざお会いするとびっくりするくらいイイ人。ほっこりというか」と相好を崩した。

 達観したかのように「まあ頑張りましょう」とつぶやく良子。和田の母の口癖でもあるそうだ。「中学の期末試験か何かの時に、友達との関係も断って塾に通い勉強したんです。それでも結果は平均の半分くらい。普段なら怒る母が怒らない。なぜ怒らないの?と聞くと、“お母さんは頑張ってダメだった時は怒らないよ”と」。確かに良子に重なる。

 憧れは01年「GO」で同じ賞を射止めた窪塚洋介。一時期のロン毛をまねして、髪を伸ばし始めた。撮影時から身長も3センチ伸びて今は1メートル67。髪も背も伸び盛りの大器は「大きくなります」と力強く約束してくれた。(佐藤 雅昭)

 ◇和田 庵(わだ・いおり)2005年(平17)8月22日生まれ、東京都出身の16歳。8歳から芸能活動をスタートさせ、17年に映画「ミックス。」でデビュー。趣味はスケートボードだが、少し前に右足首を骨折し「このままやめちゃうかも」。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2022年1月20日のニュース