海原やすよ・ともこ「絶対イジメ!」 若手時代の暗黒ロケを告白「極楽さんと今田さんがMCのロケで…」

[ 2021年11月19日 13:00 ]

海原やすよ(左)、ともこ
Photo By スポニチ

 漫才コンビ「海原やすよ・ともこ」が、自身がMCを務める18日深夜放送のABCテレビ「やすとものいたって真剣です」(木曜後11・17)に出演。昔の番組の、今では考えられないコンプライアンスについて語った。

 妹・やすよ(46)が若手時代を振り返って「東京の極楽(とんぼ)さんと今田さんと3人がMCのロケ番組で、私らだけ行ったやつ、1日地獄やった」と告白。「原宿のロケやってんけど、原宿が大嫌いになったもん!」と明かした。これには姉・ともこ(49)も強く同意。「絶対イジメやで。『何か買ったる買ったる』って買ってくれんねんけど、ホンマにいらんもんとか…」「まず怖いと思って入ってるから、面白いと思われへんくて…」と渋い表情で振り返った。

 ここでゲストのお笑いコンビ「よゐこ」濱口優(49)が「優しくしたらあかんってのがあったのよ、男の芸人は女の子の芸人に。そういう目で見たらあかんとかって」と、往年の芸能界の慣例を説明。それが理由で「特に厳しくしてたんやと思う」と推察し、2人を諭す。それでも海原姉妹の不満は収まらず。やすよが「蹴った、殴られた、蹴り飛ばされるなんてしょっちゅうやで!」と口にすれば、ともこも「コンプライアンスってようできたもんやで!」と苦笑いを浮かべるばかりだった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年11月19日のニュース