ムロツヨシ 独特の「役作り」を明かす「着替えて一番最初にはくのがパンツじゃないですか」

[ 2021年11月19日 16:50 ]

ムロツヨシ
Photo By スポニチ

 俳優、ムロツヨシ(45)が19日放送の日本テレビ「スッキリ」(月~金曜前8・00)にVTR出演し、独特の役作りを明かした。

 スタジオのレギュラー出演陣に向けて「私は役作り、特に主要キャストになってからの役作りの際に、あることをしています。それは何でしょうか?」と出題。その後「役に見合ったパンツを買ってはく」と、自ら解答を発表した。毎朝お風呂に入るというムロは、「着替えて一番最初にはくのがパンツじゃないですか。最初のスイッチが入る」と説明。役作りは“下着から”とし、「最近は役ごとにパンツを買いに行って、役が終わったら処分する、リセットする」とも話した。

 そのことを知った「衣装さん」から、「ムロさん、そこまでやっている。すごいですね」と絶賛されたそう。「それで調子に乗ってずっとやっています」と、おどけた。 今回は、見た目は赤ちゃん、中身はおっさんという主人公、ボス・ベイビーの声を担当した米アニメ映画「ボス・ベイビー ファミリー・ミッション」(12月17公開)のPRのため「スッキリ」に出演。「ボス・ベイビーのパンツを買うならおむつをはくことになっちゃう」と語り、「初日舞台あいさつがある。ふっくらしたズボンをはいていましたら『アイツおむつはいているな』って思っていただければ」と呼びかけ、笑いを誘った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年11月19日のニュース