ザ・ドリフターズ 55年ぶり武道館に“全員集合”!ビートルズ来日公演の前座以来

[ 2021年11月19日 05:30 ]

「ドリフ&ももクロ ライブフェス」に出演した「ももいろクローバーZ」のメンバーと「ザ・ドリフターズ」の加藤茶、高木ブー、仲本工事ら
Photo By スポニチ

 「ザ・ドリフターズ」の加藤茶(78)、高木ブー(88)、仲本工事(80)が18日、東京・日本武道館で「ももいろクローバーZ」との合同ライブを行った。ドリフが武道館のステージに立つのは、1966年6月30日と7月1日に行われたザ・ビートルズの来日公演で前座を務めて以来、55年ぶりとなった。

 当時のメンバー、いかりや長介さんと荒井注さんは既に亡くなり、荒井さんの後任で加入した志村けんさんも昨年3月にこの世を去った。この日は残る3人での武道館。加藤はエルビス・プレスリーの「トラブル」を歌唱中「長さんも死んだ、志村も死んだぜ。次は誰だろうな。俺はまだまだいけるぜ!」とアドリブで呼び掛け。「55年前はあと2人いたんです。3人だけでも頑張ろうな!」と気合を込めた。

 セットはビートルズの来日公演を模したもの。前座で出演したときの演奏時間は約1分だったが、この日は約2時間にわたり、ももクロの4人やお笑いトリオ「東京03」飯塚悟志(48)らと歌唱やコントを披露。「全員集合」の懐かしい効果音もふんだんに使用された。高木と仲本はドリフの名物コント「3人の雷様」を“紫の雷様”に扮したももクロの高城れに(28)とともに熱演。観衆を沸かせた。

 ライブコーナーでは加藤がドラム、高木と仲本がギターを手に、55年前に前座で演奏したスタンダードナンバー「のっぽのサリー」を披露。仲本は「今年いちばん楽しいよ」と生き生きした表情を見せた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年11月19日のニュース