尾木ママ MVPの大谷に「もっとはしゃぐかと思ったら冷静。しかも獲りたいと思ってたって…すごい人」

[ 2021年11月19日 09:23 ]

教育評論家の尾木直樹氏
Photo By スポニチ

 “尾木ママ”こと教育評論家の尾木直樹氏(74)が19日、フジテレビの情報番組「めざまし8(エイト)」(月~金曜前8・00)に出演。大リーグ機構(MLB)が18日(日本時間19日)、今季のMVPを発表し、投打二刀流による歴史的な活躍をしたエンゼルスの大谷翔平投手(27)がア・リーグMVPに選ばれたことについてコメントした。

 日本選手では01年のイチロー(マリナーズ)以来、20年ぶり2人目の快挙。日本ハム時代の16年にパ・リーグMVPに選出されており、日米で選手最高の栄誉に輝いた。大谷は、関係者らに感謝の言葉を述べた上で、二刀流でMVPが獲れると思っていたかについて「獲りたいなともちろん思っていましたけど、もちろん日本で最初(二刀流を)やるってなったより、米国のときのほうが受け入れられる雰囲気があった。それは感謝している。アメリカ全体のそういうファンの人たちとかとかチームとか凄く感謝しています」とコメントした。

 尾木氏は「やりましたよ」と笑みを浮かべ、大谷選手のコメントに「えらい冷静でしたよね。もっとはしゃぐかと思ったら。しかも獲りたいと思ってたって、すごい人だなあと思いましたねえ」と言い、「まだまだ成長される姿を応援して見たいと思います」と目を細めていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年11月19日のニュース