島田秀平 大谷翔平の手相に驚いた過去「珍しい線、ほとんど見たことない」

[ 2021年11月19日 17:47 ]

島田秀平
Photo By スポニチ

 手相芸人として活躍する島田秀平(43)が19日放送のTOKYO MX「5時に夢中!」(月~金曜後5・00)にゲスト出演。今季のア・リーグMVPに選出されたエンゼルス大谷翔平投手(27)の手相について語った。

 番組では大谷が満票でMVPに選ばれたことを伝えた。スタジオ出演者は祝福。「大谷選手の手相見たことがあるんですか?」と振られた島田は、「あるんですよ」と応じた。5、6年ほど前、大谷が日本ハム時代のことといい、「当時プロ野球の雑誌の連載で、手相を見るっていうやつをやらせていただいていたんです。その時、大谷選手の手相を見させていただいたら珍しい線がありまして」と振り返った。

 島田が驚いたのは「運命線」だったそう。「手の中央に縦線が入ると運命線といって、人生で成功する“成功線”って線なんですね。それが2本あったんです」と明かした。大谷が投打で鮮烈な印象を残したことにからめ、「まさに2倍の活躍するという、二刀流(の線)。ほとんど見たことないですね」と、極めて珍しい手相であることを付け加えていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年11月19日のニュース