藤井竜王、王将初挑戦決定!渡辺王将との7番勝負は来年1・9に静岡県掛川市で開幕 第71期ALSOK杯王将戦

[ 2021年11月19日 19:13 ]

第71期ALSOK杯王将戦挑戦者決定リーグを戦った藤井聡太竜王(左)と近藤誠也七段
Photo By スポニチ

 将棋の第71期ALSOK杯王将戦(スポーツニッポン新聞社、毎日新聞社主催)は19日、東京都渋谷区の将棋会館で挑戦者決定リーグの1局が行われ、藤井聡太竜王(19)=王位、叡王、棋聖含め4冠=で近藤誠也七段(25)に勝利した。この結果でリーグ成績は5勝0敗。24日の最終一斉対局を待たずに渡辺明王将(37)=名人、棋王含め3冠=に挑戦する7番勝負の初進出が決まった。 棋譜/藤井竜王VS近藤七段

 王将リーグ3年連続3度目の参戦で手にした王将挑戦の切符。藤井は「本当にトップの厳しい相手ばかりしかいないので、結果を残せたことは励みになる。今まで結果をの残せていなかったので、挑戦できることは素直に嬉しい」と喜びをかみしめた。

 現行の7人によって争われる王将リーグの制度になった第31期(1981年)以降、最終一斉対局を前に挑戦権を獲得した例は第32期の米長邦雄棋王、第38期の島朗竜王、第50期の谷川浩司九段、第63期の羽生善治3冠(肩書はそれぞれ当時)に続いて5人目。「あまり成績は意識せず一局一局やってきた。結果として自分の実力以上の結果が出せたのかなと思いました」。棋界最高峰タイトルを獲得し、5冠獲りの挑戦権を得てもなお藤井流の姿勢が変わることはなかった。

 7番勝負第1局は、来年1月9・10日に静岡県掛川市の「掛川城二の丸茶室」で開幕する。「渡辺王将は作戦巧者。序中盤の戦略に優れていて2日制を得意にされている印象。一局一局深い考えを持って指されているので、しっかり対応できるように頑張りたい」と大舞台を見据えた。

24日の最終一斉対局は藤井聡太竜王VS永瀬拓矢王座、豊島将之九段VS近藤誠也七段、羽生善治九段VS糸谷哲郎八段の3局が予定されている(広瀬章人八段は抜け番)。七番勝負の全日程は一斉対局終局後に発表する。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年11月19日のニュース