布袋寅泰 紅白初出場に「心が晴れるようなパフォーマンスができれば」 東京五輪でのパフォでも注目

[ 2021年11月19日 14:19 ]

布袋寅泰
Photo By スポニチ

 NHKは19日、大みそかの「第72回NHK紅白歌合戦」(後7・30~同11・45)の出場歌手を発表。世界的ギタリストで歌手の布袋寅泰(59)が初出場を決めたことが分かった。

 布袋は紅白にはこれまで、06年に妻で歌手の今井美樹(58)、18年に演歌歌手の石川さゆり(63)のサポートギタリストとして2回ゲスト出演したが、白組歌手として出場するのは初めて。東京パラリンピック開会式での演奏が国内外で高く評価された上、伝説のロックバンド「BOOWY」でのデビューから40周年という節目も重なった。

 東京パラの開会式では光るデコトラに乗って、自作した米映画「キル・ビル」のテーマソングなどを演奏。全盲の田川ヒロアキ、手足にまひがある川崎昭仁の2人のギタリストらとコラボレーションして熱い演奏を繰り広げ、話題を集めた。

 布袋は会見は欠席。「初めて参加することは大変光栄。心より感謝、皆さまの心が晴れるようなパフォーマンスができれば」と司会者がメッセージを代読した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年11月19日のニュース