NHK紅白出場者発表 KAT―TUNがデビュー15周年で初出場 松平健が特別枠で「マツケンサンバ2」

[ 2021年11月19日 12:05 ]

<紅白歌合戦会見>写真撮影に臨む紅白歌合戦初出場歌手(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 NHKは19日、大みそかの「第72回NHK紅白歌合戦」(後7・30~同11・45)の出場歌手を発表した。デビュー15周年のジャニーズ事務所の3人組「KAT―TUN」が初出場を決めた。昨年デビュー年でありながら、初選出されるも、メンバーのコロナ感染により、出場を辞退したジャニーズ事務所の9人組「Snow Man」も“念願”の初出場を決めるなど、10組が初出場する。

 この日発表された出演歌手は紅組22組、白組21組、特別企画枠1組の計44組。“カラフル”特別企画はとして、俳優で歌手の松平健(67)が2004年以来、17年ぶり2回目の出演で「マツケンサンバ2」を歌唱することも決まった。公式サイトでは「大みそかの日本を明るく!楽しく!盛り上げます!お楽しみに!!」と紹介されている。

 KAT-TUN、Snow Manのほか、現在、連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」のヒロインを務め、歌手としても活躍する女優の上白石萌音(23)、あいみょん(26)が詞、曲を手掛けた17年の楽曲「猫」がストリーミングで4億回再生を記録する男性4人組バンド「DISH//」、「楽器を持たないパンクバンド」として人気の女性6人組アイドル「BiSH」、「勿忘(わすれな)」がヒットしているロックユニット「Awesome(オーサム)City Club」、世界的ギタリストで歌手の布袋寅泰(59)、ネット上を中心に活動するクリエーター、まふまふ(年齢非公表)、シンガーソングライターの平井大(30)、興収65億円超のアニメ映画「竜とそばかすの姫」のメインテーマを歌う「millennium parade×Belle(中村佳穂)」の10組(紅組4組、白組6組)が初出場となる。

 72回目となる今年の紅白の司会を女優の川口春奈(26)と俳優の大泉洋(48)、同局の和久田麻由子アナウンサー(32)が務める。今年は「紅組司会」「白組司会」「総合司会」という呼称を、全員「司会」に統一。区分を設けない司会者の選定は2005年以来2度目。大泉は2年連続で、川口は初の大役となる。昨年は史上初の無観客での開催となったが、今年は2年ぶり有観客で実施される。会場はNHKホールが改修工事のため、東京・有楽町の東京国際フォーラムで行われる。紅白が同ホール以外で開かれるのは、72年の東京宝塚劇場での開催以来49年ぶりとなる。テーマは「Colorful~カラフル~」。局は「世の中を“カラフル”に彩りたい。多様な価値観を認め合おうという思いも込められている」と意味を明かしている。

 出場歌手は以下の通り。

【紅組】
AI(4)
あいみょん(3)
石川さゆり(44)
Awesome City Club(初)
上白石萌音(初)
坂本冬美(33)
櫻坂46(2)
天童よしみ(27)
東京事変(2)
NiziU(2)
乃木坂46(7)
Perfume(13)
BiSH(初)
日向坂46(3)
松田聖子(25)
MISIA(6)
水森かおり(19)
milet(2)
millennium parade×Belle(中村佳穂)(初)
薬師丸ひろ子(2)
YOASOBI(2)
LiSA(3)

【白組】
KAT―TUN(初)
関ジャニ∞(10)
King&Prince(4)
郷ひろみ(34)
GENERATIONS(3)
純烈(4)
鈴木雅之(4)
SixTONES(2)
Snow Man(初)
DISH//(初)
BUMP OF CHICKEN(2)
氷川きよし(21)
平井大(初)
福山雅治(14)
星野源(7)
布袋寅泰(初)
まふまふ(初)
三山ひろし(7)
宮本浩次(2)
山内惠介(7)
ゆず(12)

【特別企画】
松平健(2)

※( )は出場回数

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年11月19日のニュース