×

日本ハム・浅間「うまい具合に変化球が引っかかって…」8回に値千金の決勝3号 上沢は完投で4勝目

[ 2022年5月27日 20:28 ]

交流戦   日本ハム3―2巨人 ( 2022年5月27日    札幌D )

<日・巨>8回、勝ち越しソロを放つ浅間。投手・戸郷(撮影・河野 光希)
Photo By スポニチ

 日本ハムは27日、巨人に3―2で勝利し2連勝となった。8回に浅間大基外野手(25)が先発の戸郷翔征投手(22)から決勝の3号ソロを放った。

 浅間が大きな仕事を果たした。2―2で迎えた8回1死、戸郷の123キロのカーブを右翼席に運ぶ値千金の一発。浅間は「とにかく塁に出ることだけ考えて、後ろにいっぱい、いいバッターがいるので、そこにつなごうという気持ちでいったんですけど、うまい具合に変化球が引っかかってスタンドまでいってくれました」と振り返った。

 先制点は新庄監督の攻撃的采配から生まれた。0―0の3回1死三塁、カウント3―2でヒットエンドランを仕掛ける。三塁走者の水野が好スタートを切ると、中島が戸郷の8球目のフォークを捉え打球を一塁に転がし1点を奪った。さらに1番・松本の二塁打の後、浅間が「近藤さんお元気にしてますか?打法!」と名付けた左中間適時三塁打を放ち、序盤で2点のリードを奪った。

 上沢は5回に万波のエラーで2点を失い、連続イニング無失点は22でストップしたが、5回以外は得点を許さず完投勝利で4勝目を挙げた。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年5月27日のニュース