×

西武が交流戦後にライオンズ関連曲を生演奏する「ライオンズコンサートディナー」実施

[ 2022年5月27日 15:41 ]

ベルーナドームから西武山口線で1駅の「中国割烹旅館 掬水亭」で実施する『ライオンズコンサートディナー』に出演する門田裕美さん(左) 小澤恵さん(右)。
Photo By スポニチ

 西武は6月12日の広島戦後の午後6時から「中国割烹旅館 掬水亭」でライオンズ関連曲をピアノとヴィオラで生演奏する「ライオンズコンサートディナー」を実施すると発表した。過去5回、試合前後にピアノの生演奏企画を実施して好評だったことを受け、今回は新しくヴィオラとデュオスタイルでの実施となる。

 ピアノ演奏は所沢市出身で西武ファンの家庭で育ったという門田裕美氏、ヴィオラは狭山市出身で狭山丘陵の自然に囲まれて育った小澤恵氏が担当。「地平を駈ける獅子を見た」や「WE ARE ONE」ほか選手の登場曲などが披露される予定。また、演奏する2人は西武のユニフォームを着用する。

 「中国割烹旅館 掬水亭」はベルーナドームの隣駅である西武園ゆうえんち駅から徒歩1分にある施設。美味しい食事とピアノ・ヴィオラの美しい音色を楽しみながら試合の余韻に浸れるプランとなっている。当日は会場の「レストラン天外天」でライオンズのグッズやユニフォームを身に着けての来店が可能。中華御膳付きで価格はSEIBU PRINCE CLUB会員または西武ライオンズファンクラブ会員は4800円(税込)、それ以外の参加者は5000円(税込)。当日の野球観戦チケットを持ってなくても参加できる。予約方法は「中国割烹旅館 掬水亭」=04(2925)7111=のみで、定員約50名の先着予約制。

 ▼企画担当者 試合観戦の余韻に浸りながら、球団歌や選手の登場曲の演奏を聴いて1日を終える新しい観戦後の過ごし方を、コンサートディナーを通してご提案できればと思い企画に至りました。埼玉県出身のお二人をお迎えし、ライオンズファンなら誰もが一度は耳にしたことがある曲を生演奏していただくので、1人でも多くの皆さまに特別な時間を過ごしていただきたいです!

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年5月27日のニュース