×

阪神・長坂 盗塁阻止率10割!西川&辰己も刺した 矢野監督「捕ってからの速さも球質もレベル高い」

[ 2022年5月27日 05:30 ]

交流戦   阪神0-1楽天 ( 2022年5月26日    甲子園 )

<神・楽>5回2死一塁、西川の二盗を阻止する長坂(撮影・平嶋 理子) 
Photo By スポニチ

 阪神・長坂は3試合ぶりに先発マスクをかぶり、5回2死一塁で西川の二盗を好送球で阻止した。昨季まで盗塁王4度で、通算企図300以上では歴代最高の盗塁成功率を誇り、今季も10盗塁でパ・リーグ3位につける快足との勝負を制した。

 7回1死一塁では今季6盗塁の辰己の二盗も防ぎ、捕手出身の矢野監督からも「リードも落ち着いてる。あの足の速い2人をしっかり刺して、捕ってからの速さも球の質もトータルでレベルが高い」と評価された。

 今季は企図された盗塁4つ全てを刺し、阻止率10割。初バッテリーを組んだガンケルを7回無失点に導くなど好リードも光った。8回1死では宋家豪(ソン・チャーホウ)から左前打。近本の左前打では本塁憤死でも、しっかり攻守で存在感を示した。(長谷川 凡記)

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年5月27日のニュース