【熊本】熊本工 2年連続決勝進出 決勝打の森「絶対に返そうと思った」

[ 2019年7月23日 15:34 ]

第101回全国高等学校野球選手権 熊本大会準決勝   熊本工2―0有明 ( 2019年7月23日    リブワーク藤崎台 )

<熊本工・有明>先制打の森 
Photo By スポニチ

 熊本工が2年連続の決勝進出を決めた。

 プロ注目右腕の浅田から6回2死から安打と四球で一、二塁とし、5番森が先制の右前打。続く青山は叩きつけた打球が内野安打となり、追加点をあげた。決勝打の森は「絶対に返そうと思った」と胸を張った。

 投げては蓑茂、村上のリレーで有明打線を完封した。
 

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月23日のニュース