阪神の新外国人・ソラーテ 試合前練習に参加「ここでプレーしていきたいと思ったよ」

[ 2019年7月23日 16:14 ]

<神・D>1軍に合流し、遊撃でノックを受けるソラーテ  (撮影・成瀬 徹)
Photo By スポニチ

 22日に入団会見を行った阪神の新外国人、ヤンハービス・ソラーテ内野手(32=マーリンズ傘下)が23日、甲子園球場での試合前練習に早速、参加した。メジャー時代に「セクシータイム」のニックネームを持つ男らしく、真新しいタテジマのユニホームをセクシーに着こなし、フリー打撃、内外野ノックに走塁練習まで精力的にこなした。

 「初めてグラウンドに立ってみて、すごく刺激になった。ここでプレーしていきたいと思ったよ」

 スイッチヒッターらしく、フリー打撃では左右の両打席で66スイングも、柵越えなし。21日の夜に来日したばかりで時差ぼけも残るだけに、本領発揮はこれからだ。24日の2軍練習試合(対BC福井、富山選抜)で実戦デビュー予定だ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月23日のニュース