【神奈川】横浜・及川、5回6K零封「荒れることなく良い感覚」

[ 2019年7月23日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権神奈川大会5回戦   横浜12―0光明学園相模原 ( 2019年7月22日    保土ケ谷 )

5回無失点だった横浜のエース及川
Photo By スポニチ

 横浜の153キロ左腕・及川が今大会初先発し、5回2安打完封でコールド勝ち。「緊張したが(球が)荒れることなく良い感覚で投げられた」

 最速は149キロ、伝家の宝刀・スライダーが復活した。フォームを模索していた今春は制球に苦心した。しかし練習でホームベース両辺に立てた棒にボールを当てる「棒当て」を繰り返し、まずは直球を立て直すとスライダーも復調。「良い高さに放れば打たれることはない」と、この日は初回先頭をスライダーで見逃し三振させると、6三振全てをスライダーで奪った。

 4球団が視察し、西武の渡辺久信GMは「球は暴れなくなってきた。興南の宮城大と2人は左の上位候補」と評価した。4連覇がかかる最後の夏。及川は「チームを勝たせる役割を果たしたい」と自覚をにじませた。 (松井 いつき)

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月23日のニュース