【東東京】上野学園ノーシードから初4強 小川監督男泣き

[ 2019年7月23日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権東東京大会準々決勝   上野学園3―1修徳 ( 2019年7月22日    神宮 )

初の4強入りを決めた上野学園(撮影・石曽根 和花)
Photo By スポニチ

 上野学園はノーシードからの進撃で初の4強入り。修徳を逆転で破り、小川貴智監督は「非常にうれしい。感動した」と男泣きした。

 18日の3回戦から3日連続で登板していたエース赤坂は「むちゃかもしれないけれど僕投げます」と志願し、4安打1失点完投。攻撃では5回に右越え適時二塁打で同点、1番・成川が決勝の適時内野安打を放った。成川は「ここで満足することなく甲子園を目指す」と力を込めた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月23日のニュース