【和歌山】和歌山東・落合、劇勝呼ぶ好救援 プロ注目右腕が1回2/3無安打2K

[ 2019年7月23日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権和歌山大会2回戦   和歌山東4―3向陽 ( 2019年7月22日 )

3番手で登板し力投する和歌山東・落合 (撮影・後藤 大輝)
Photo By スポニチ

 和歌山東はプロ注目の落合が向陽戦の1点リードの8回1死三塁からリリーフ登板。スクイズで同点とされたが、1回2/3を無安打で2三振に抑え、9回のサヨナラ劇につなげた。最速は146キロを計測。「投手らしい体格だし、馬力もある。素材としてはトップクラスです」と西武・前田俊郎チーフスカウトも高い評価を与えた。

 次戦は今春のセンバツでベスト8の市和歌山戦。落合は「次がヤマ。本調子なら全然いけると思う」と気合十分だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月23日のニュース