雄星、自己最悪タイ7失点で7敗「流れがつかめなかった」

[ 2019年7月23日 02:30 ]

ア・リーグ   マリナーズ3―9エンゼルス ( 2019年7月21日    シアトル )

エンゼルス戦に先発し、5回7失点で7敗目を喫したマリナーズ・菊池
Photo By 共同

 マリナーズ・菊池は5回をメジャー自己ワーストタイの7失点で7敗目(4勝)を喫した。「悔しい負け方。納得いく球は増えたが、流れがつかめなかった」とこぼした。

 「反省点は2アウトからの失点」。2回は2死からプホルスに先制ソロを許し、4回も2死からグッドウィンの2ランを皮切りに4失点。エ軍戦は5試合で1勝3敗、防御率11・32で終えた。同地区で対戦は多く「抑えていかなきゃいけない相手」と悔しさをにじませた。 (笹田幸嗣通信員)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月23日のニュース