【岩手】花巻東・西舘、粘投3失点完投 2年連続の4強入り

[ 2019年7月23日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権 岩手大会準々決勝   花巻東9―3一関学院 ( 2019年7月22日 )

完投でチームを勝利に導いた花巻東・西館(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 花巻東は今秋ドラフト候補のエース・西舘が一関学院打線に12安打を許しながら3失点で完投し、2年連続の4強入りを決めた。

 最速147キロの直球と変化球のコンビネーションで8三振を奪い「リリースポイントを前にしてスライダーも抜けることがなかった。野手のみんなが声を掛けてくれて落ち着いて投げられた」と振り返った。佐々木洋監督は「ヒットは打たれたが、四死球がなかったのが良かった」と無四球投球を評価した。た。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月23日のニュース