【京都】龍谷大平安、接戦制す 3番・三尾が千金打

[ 2019年7月23日 14:05 ]

第101回全国高校野球選手権 京都大会準々決勝   龍谷大平安6―4塔南 ( 2019年7月23日    わかさスタジアム京都 )

<京都大会 塔南・龍谷大平安>5回、生還した龍谷大平安・三尾(左)は原田監督とグータッチ (撮影・後藤 大輝)  
Photo By スポニチ

 龍谷大平安が接戦を制し、準決勝に進出した。4―4で迎えた9回1死二塁のチャンスで3番・三尾健太郎内野手(3年)がこの日3打点目となる右前適時打を放つなど、この回2点を勝ち越し、試合を決めた。

 9回、勝ち越しのチャンスで三尾は今年の春季大会準決勝、7ー8で敗れた京都国際戦を思い出していた。「同じような場面で打てなくて負けたので、絶対打とう」。覚悟を決め打席に立つと、1ボールから2球目を右前にはじき返した。決勝打となる値千金の一打に、塁上で無意識にガッツポーズが飛び出した。「ここ2試合安打が出てなくてもやもやしていました。(試合中に)監督に暗くなってるぞ、もっと笑っていけと言われて楽になりました」と安堵の表情を浮かべた。

 3番を任せられている責任感が彼を成長させている。「上位が先頭を切って塁に出てくれるので、3番として返す打撃をしなければならない」と春季大会以降はよりチャンスの場面を意識。1死二塁や1死二、三塁など、得点圏に走者がいる想定で打撃練習や練習試合に臨んだ。この日は5回1死二、三塁でも右翼フェンス直撃の2点適時三塁打を放つなど、練習通り得点圏でしっかりと結果を出した。原田監督も「春から一番伸びている。彼が一番目的、目標を持って取り組んでいる」と称賛した。

 「京都国際相手にはまだ打ててないので、リベンジして甲子園に行きたいです」と春大会の雪辱に燃える。順当にいけば京都国際と戦うのは決勝の舞台。「ひとつずつ目の前の試合を戦っていきたい」と2年連続の甲子園出場に向けて力を込めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月23日のニュース