【埼玉】大宮東 絶体絶命9回2死から逆転サヨナラ8強 ナインも監督も思わず涙

[ 2019年7月23日 17:21 ]

第101回全国高校野球選手権埼玉大会5回戦   大宮東3―2上尾 ( 2019年7月23日    上尾市民 )

高校野球・埼玉・上尾―大宮東・尾島(背番号5)がサヨナラのホームインし、大喜びの大宮東・河西監督(右から2人目)とナイン
Photo By スポニチ

 大宮東が上尾をサヨナラで下し、8強進出を決めた。

 2―0の9回。2死一塁からドラマが始まった。4回戦で2本の満塁本塁打を放った5番・島村大樹投手(3年)が右中間へ適時二塁打を放ち1点差。6番・尾島翔也外野手(3年)が同点の中前適時打。さらに7番・鈴木琉聖外野手(3年)がつないで一、三塁とし、途中出場の小関駿介外野手(3年)が中前へサヨナラ打を放った。

 絶体絶命からの劇勝に同校OBでもある河西竜太監督は「部員101人全員でつかんだ勝利。選手がよくやってくれた」と男泣き。小関も「ずっと苦しい試合をしてきた経験が生きた。すごくうれしい」。控え部員とも抱き合いながら、目を真っ赤にして喜んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月23日のニュース