【茨城】常総学院3年ぶり聖地ならず 菊田58号も空砲

[ 2019年7月23日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権茨城大会準々決勝   常総学院5―6常磐大高 ( 2019年7月22日 )

 優勝候補・常総学院が5―6で常磐大高に惜敗し、3年ぶり甲子園出場はならなかった。

 5回にはプロ注目のスラッガーで3番の菊田が通算58号となる左越え2ランなどで4点をリードしたが、2番手で登板した2年生の150キロ右腕・菊地竜が逆転を許した。菊田を中心とした高い得点力でV候補筆頭だった名門が準々決勝で姿を消した。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月23日のニュース