巨人・原監督、力投の山口に「見事」 継投ミスの責任痛感「俊に申し訳ないことをした」

[ 2019年7月23日 21:37 ]

セ・リーグ   巨人6―5ヤクルト ( 2019年7月23日    京セラD )

9回無死一、二塁、サヨナラ打の重信(左)を満面の笑みで出迎える原監督(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 巨人は代打・重信のサヨナラ打で連敗をストップ。原監督は「バントも(選択肢として)あったが、思い切って打力に懸けた。見事に応えてくれた」と4年目の若武者を称賛した。

 初回に4点を先行しながらも、終盤に同点に追いつかれる試合展開に「非常に嫌な流れだった」とコメント。「9回に中川がつないでくれたことが良かった」と2死満塁の大ピンチをしのいだ守護神・中川を勝因の一つに挙げた。

 7回2/3を4安打投球の先発・山口についても「見事」と称賛。降板直後に2番手・デラロサが青木に同点3ランを被弾したため、「俊には申し訳ないことをした。この次は俊を助けられるように皆でやってきたい」と責任を感じていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月23日のニュース