【兵庫】明石商「最強2年生コンビ」でコールド 中森&来田が躍動

[ 2019年7月23日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権兵庫大会5回戦   明石商11―1柏原 ( 2019年7月22日 )

3回無失点の好投をみせた明石商先発・中森(上) (撮影・平嶋 理子) 
Photo By スポニチ

 明石商は「最強2年生コンビ」が活躍して柏原に5回コールド勝ちした。エース中森は今大会初先発。「ボールの回転が悪かった」と反省しながら、3回を無安打に抑えた。打線では、リードオフマンの来田が全3打席で出塁し、2盗塁に成功。「打って走って守れる1番打者を目指しているので、うれしいです」と口元を緩めた。

 4強入りした春のセンバツでは、中森が好投で支え、来田は準々決勝の智弁和歌山戦では史上初の先頭打者弾&サヨナラ弾を放った。10年連続の8強進出。いよいよギアをトップに入れる。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月23日のニュース