侍・稲葉監督 オリックスの田嶋を視察 阪神・高橋遙と平行して注視

[ 2019年7月23日 21:06 ]

<オ・日>山岡泰輔と談笑する稲葉監督(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 侍ジャパンの稲葉監督が23日の日本ハム戦(ほっと神戸)に先発したオリックスの田嶋を視察。「ファイターズ打線と初対戦でどういう投球をするかを見たかった。立ち上がりは少し課題だが、3回からは自分の投球をしていた」と話した。2回までに3失点したが、3回以降は守備の失策が絡む1失点の左腕に「打たれるところも抑えるところも見られてよかった」と収穫を口にした。

 先発左腕はチームの課題で、「タイガースの高橋くんを含めて左投手をしっかり見たいと、今後も田嶋を阪神・高橋遙と平行して注視していく考えを示した。

 また、この日6回無安打無失点と好投した日本ハムの金子についても「いい若い投手は出てきているが、経験のある投手はここぞというときに大事ですから」と、候補の1人に挙げた。
 

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月23日のニュース