阪神 ベテランコンビが好機演出 梅野先制スクイズ

[ 2019年7月23日 19:17 ]

セ・リーグ   阪神―DeNA ( 2019年7月23日    甲子園 )

<神・D>5回1死一、三塁、梅野は投前に先制スクイズを決める。投手上茶谷(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 頼れるベテラン2人が作った好機をモノにした。

 0―0で迎えた5回、阪神は1死一、三塁で梅野が2球目にスクイズを敢行して貴重な先制点を叩き出した。この回は先頭・福留が一塁手・ロペスの失策で出塁。1死一塁から鳥谷が右前打を放って福留は一気に三塁を陥れる激走を見せた。揃ってスタメンに復帰したベテランコンビの作ったチャンスを生かして、攻略に苦しんでいたDeNA上茶谷から価値ある1点をもぎ取った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月23日のニュース