【茨城】霞ケ浦2戦連続サヨナラ勝ち プロ注目・鈴木寛が好救援

[ 2019年7月23日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権茨城大会準々決勝   霞ケ浦3―2石岡一 ( 2019年7月22日    ノーブルホームスタジアム水戸 )

6回から登板した霞ヶ浦・鈴木寛(撮影・赤尾真明)
Photo By スポニチ

 霞ケ浦の最速150キロを誇るドラフト候補右腕、鈴木寛が1点リードの6回から登板。いきなり1死三塁から投前スクイズで同点とされたが、7回以降は一人の走者も許さないパーフェクトピッチングで、延長10回のサヨナラ劇を呼び、ベスト4へ導いた。

 「球速にはこだわらず、真っすぐとスライダーで組み立てて、スライダーは決める時はきっちりと腕を振った」

 1メートル85の上背から投げ下ろす直球はこの日最速の147キロをマーク。スライダーを決め球に、5回を1安打で7三振を奪った。20日の藤代戦では、165球で10回完封。この日は救援に回ったが、2試合連続のサヨナラ勝ちへとつなげた。

 石岡一の岩本との投げ合いに「自分たちが甲子園に行くからと伝えたい。(投げ勝って)自信になる」と話した。15年以来、4年ぶりの夏の甲子園を見据えた。 (赤尾 真明)

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月23日のニュース